葬儀社 福島屋>家族葬・火葬式の注意事項>家族葬について

家族葬・火葬式の注意事項 -家族葬について-

■お葬式はだれのため?
それは人が亡くなった時、その方を偲ぶとともに「最期のお別れ」をするための儀式だと存じます。歴史的には、地域の人達みんなで、野辺(村はずれの埋葬する場所)まで送った事が始まりだとされています。時代とともに変化し、現在のような様式になりました。ところでお葬式は誰のために行うものでしょうか?まず第一にお葬式は「故人のため」に行うものです。ご逝去された方に想いをはせ、各宗派に合わせた儀式を行うのがお葬式です。現実から去っても、お互いが幸せになれるように行うと言い換えても過言ではないと思います。またお葬式は「家族ため」のものでもあり、家族をはじめ近親者がお別れをする意味もあります。さらに、「友人・知人のため」に行うとも言われます。人間は人生の中でさまざまな人と交流をもち生きて行きます。年代ごとの友人、職場や地域の人など様々な人達に支えられていますので、そうした方も故人とお別れができるのもお葬式の定義ではないでしょうか?
■「家族葬」ってどんなお葬式?
最近、「家族葬」という言葉をよく耳にします。家族葬は故人と家族のお別れの時間を大切にするお葬式の事です。一般的なお葬式との違いは、訃報を伝える方についての考え方です。友人・知人には知らせずに、家族・親族だけで行うという形になります。ご親戚ではないごく親しい故人様とご家族様の友人・知人にお知らせする場合の名称を当社では、「小規模な一般葬」と申しています。式の流れについては、基本的に通常の葬儀と大きく変わりません。一般的に多くみられる通夜・葬儀と2日間される場合と、前日には設営・確認のみされ、葬儀当日の1日のみ執り行う場合とがあります。1日葬儀をご希望される方の中で、菩提寺がある方は寺院の承認が必ず必要となりますので、慎重にお考え下さい。流れについては、基本的に一般のお葬式とは大きくは変わりません。仏教の場合ですと僧侶の方がお経を読み、遺族・親族が焼香をされてという進行になります。
ポイント1 家族葬は、故人様とのお別れの時間を大切にします。
■「家族葬」のいいところ
故人様とのお別れの時間をゆっくりと過ごせる事です。一般の方の気遣いがないため、家族の心の癒しが少しでも出来る事も良いところの一つだと思います。人の目を気にせずにしっかりと悲しみが表現でき、グリーフワークをしっかりとする事ができます。また、費用軽減については、お食事費用・返礼品ギフトの費用等が一般的なお葬式と比べ軽減できます。
グリーフワークとは「近しい人を亡くした人が、その悲嘆を乗り越えようとする心の努力」の事です
ポイント2 ゆっくりとお別れが出来る事。
■「家族葬」の注意点
一般的なお葬式と異なり、交友関係の方を一切呼ばない事から注意しなければならない事がいくつかあります。例えば下記のような事が起こり得ます。
1、 終了後、訃報を知った方が後日ご自宅へお越しになり、その際の気遣いが大変
2、 親戚の方にしっかりと趣旨を説明しないと、意見の相違が発生してしまう
3、 故人・家族の関係者に後日訃報をお知らせする際に、お知らせした方との感情の相違が起きてしまう可能性がある。例「一目でいいから故人に会いたかった・・・」等
4、 一般の方を呼ばない予定が、趣旨の伝達がうまくいかず、仕事を休む等の関係で日時を知らせた為に一般の方が数人お越しになってしまう。
5、 参列者(会葬者)の人数とお香典等の金額は比例するため、香典の金額が減り負担が多くなる事がある。
このような事を避けるためには、逝去の知らせと共に、事情(故人や家族の遺志、等)により家族葬にて執り行う事をまず親族に伝える事が必須です。口頭ですとうまく伝わらない事がありますので、ファクシミリにて訃報を送信する事をお薦めします。また交友関係の方に伝える訃報は、ご葬儀終了後の納骨式が済んだ後にされると自宅への訪問辞退をうまく伝える事が出来るでしょう。但し、大切な家族を亡くした悲しみの中で冷静な判断をするゆとりがない事もあります。そのような際には的確にアドバイス致しますのでご安心ください。
ポイント3 トラブルを回避するためにも、早めの準備と事前相談をお薦めします。
■「家族葬」と宗教
家族葬でもほとんどの場合、僧侶・宮司などの宗教者の方にお越しいただいて式を執り行う方が多いようです。ただし、必ずしもではありませんので無宗教(自由な形式)のご葬儀でもかまいません。菩提寺がなければあまり気にされなくて結構ですが、菩提寺がる方は事情がない限りトラブルを避けるため、仏教にて執り行うが最善です。ご遺骨はその寺院管理のお墓に収められ、供養して頂く意味もあるのでご注意ください。
当社では仏教・無宗教・神道・キリスト教などすべての宗教に対応させて頂きます。また、菩提寺やお知り合いの寺院・神社がない場合は、しっかりとした寺院・神社を管理をし、お客様にも評判の良いしっかりとした人柄の僧侶・宮司をご紹介差せて頂く事もできます。お布施等の宗教者費用はお客様とのお話し合いで決めさせて頂きます。
ポイント4 音楽葬を含む無宗教(自由形式)にて執り行うことも可能です。
■「家族葬」とお別れ会
人が生前お付き合いをしてきた方は、お葬式にはお呼びしませんので後日改めて「お別れ会」というかたちであらためて偲ぶ会をされる方もいらっしゃいます。以前は、社葬のように「密葬」と「本葬」と分けたかたちで家族・近親者とのお別れと、一般のお別れを別々に執り行っていました。2回にわけて執り行う方法も後悔のない家族葬をするための知恵だと思います。当社ではお別れ会が出来るホテル・レストランと提携しておりますので、お気軽にご相談下さい。但し、「お別れ会」や「偲ぶ会」等は相続税控除対象外になる恐れがあります。
ポイント5 友人・知人とのお別れは、後日改めてお執り行うという方法もあります。
■最後に「後悔のない、お葬式のために・・・」
現代では、古くからのしきたり・風習に必ずしもこだわわらずに済むようになり、お葬式もいろいろなかたちを選択する事が出来るようになりました。家族葬というお葬式は、このような時代だからこそ需要が増えるようになりました。しかし一見意味のないと思われる古くからのしきたりや習慣には、掘り下げて考えたときには深い意味があり、価値を見出せるようになる可能性もあります。よってグリーフワークに繋がる要因もあります。
家族葬をご希望される方に、より良いお葬式を執り行って頂きたいと願っています。家族葬は、現代における新しい形のご葬儀です。良いところがたくさんある一方で、お客様によっては後悔される部分があるのも事実です。その為に、いろいろの項目を留意しなければなりません。また左にも記載している通り、お葬式は故人のもの、家族のものであるとともに、故人・家族につながる様々な人達のものでもあります。そのような方々にも十分な配慮をされたうえで、進めていくことが大事です。お葬式というものは、人生の最期をしめくくる大事な儀式だと思っております。たった一度のやり直しが効かないのもお葬式です。家族を失う悲しみの中で、いろいろと考えるのも大変なことだと存じますが、後悔のないようにしっかりと考えられて下さい。大切な方を送るために・・・
■いざという時の心得
危篤になったら 医者から、覚悟をしておくようにと言われました。今、何をしておけば良いでしょうか?
お葬式についての的確なアドバイスや、手続きに関しては私共が責任をもって行いますので、安心されて大切なご家族の近くにいて下さい。ご連絡をいただければ365日・24時間待機のスタッフがいつでもすぐに病院からご安置場所利用の寝台自動車のお手配やドライアイス処置などすべて対応致します。又、ご抵抗がなければ、事前アドバイスは無償にて受け付けておりますのでご検討下さい。
危篤の連絡について
家族葬ご希望の方は、家族と親しい親族のみ伝えられた方が良いでしょう。仏教で行う予定の方で菩提寺のある方は、寺院へ状況を伝えていた方がスムーズにお話が出来るので連絡しておきましょう。
確認事項
A、 宗教・宗派の確認
B、 逝去の知らせをしなければならない人(リストを作成されると便利です)
C、 ご抵抗がない方は、お召し替え用の着物もしくは洋服の準備
D、 ご安置場所の確認
自宅のご安置が難しい場合は、火葬場内霊安室もしくは提携安置施設のご案内を致しますのでご安心ください
家族葬のあらゆる質問に即答致しますのでお電話下さい

家族葬に関してのご質問について

 365日 24時間受付体制です。些細なことでもお電話下さい

フリーダイヤル0120-286-029  電話03-3334-2860
当社へのアクセス情報

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ


▲上に戻る