葬儀社 福島屋>よくある質問

よくある質門


質問1 マンションの上層階に自宅があります。病院から自宅に安置予定なのですがどのようにしたら良いですか?
答え1 まずはマンションのエレベーター内部の扉(トランク)の有無を確認して下さい。有る場合はどのような時間帯でもトランクのカギを解錠していただけるか管理会社もしくは自治会の責任者の方へお聞きください。トランクがある場合はストレッチャーのままご自宅玄関前までお連れできます。トランクが無い場合は体格によっては難しい場合もありますが、パイプ担架を少し立てエレベーターを利用してお連れする事が出来ます。ない場合は階段の有効スペースがある事と体重が80kgまでという制限はありますが、5階までは階段を利用してお連れする事は出来ます。

質問2 病院で担当医師から「覚悟しておくように」と言われました。何をすればよいでしょう?
答え2 お葬式についての的確なアドバイスや、手続きに関しては私共が責任をもって行いますので、安心してご家族のそばに居て下さい。万が一の際には、365日24時間体制の当社へご連絡頂ければ病院まで寝台自動車にて迅速にお伺い致します。少し落ち着かれてから「お葬式の方向性」を決めて頂き、ゆっくりと打ち合わせをさせて頂きます。自宅ご安置が難しい場合は、火葬場内霊安室もしくは提携している安置施設にて対応致します。また非常にデリケートな事ですが、ご抵抗がない場合は事前無料相談を受付しておりますのでご検討下さい。

質問3 戒名(法名・法号)をつけずにお葬式はできますか?
答え3 寺院墓所すなわち菩提寺(門徒寺)が有る場合は御住職がその旨を受け入れて下さらない限りは難しいでしょう。特別な理由が無い限りは無理だと思われて下さい。宗教に関係なく納骨できる「霊園墓所」「納骨堂」や「納骨場所に予定がない」方は戒名をつけずに俗名(例:故 山田太郎)にて仏教葬儀をする事は可能です。ただし「仏教」でのお葬式をされずに「無宗教スタイル」で音楽葬などをする事も可能ですのでご検討下さい。
※御布施費用に充当する金額が節約できるのがポイントです

質問4 菩提寺(門徒寺)があります。葬儀をせずに「火葬のみ」を考えています。どうしたら良いでしょうか?
答え4 経済的な理由がある場合は、正直にその旨を菩提寺(門徒寺)の御住職にお話しされて下さい。受け入れて下さった場合は火葬式終了後、7~10日以内にお寺様へ行かれて下さい。今後の法要・納骨式の日取りや「戒名(法名・法号)」に関してじっくりとご相談されて下さい。また火葬炉前のお経にお越し下さる場合もありますので、その際にはお寺様の都合に合わせ火葬日時を決めるのが良いでしょう。

質問5 寺院の中にある葬儀式場は、檀家もしくは同宗派ではないと利用できないのでしょうか?
答え5 寺院の中にある葬儀式場の大半は、檀家・同宗派以外でも利用ができます。但し、一部の式場では在来仏教・神道・無宗教以外は利用できない式場もございます。ご連絡下さればお調べ致しますのでご検討下さい。

質問6 区民葬儀は火葬のみ(直葬)でもできますか?
答え6 はいできます。当社の火葬式(直葬)プランは東京都23区にお住まいの方が対象ですのではじめから火葬・収骨容器・棺の費用が区民葬儀料金として組み込まれています。お亡くなりになられた方もしくはご家族の方が東京都23区内に住民票登録をされていれば対象となります。
※参考までに火葬料金59,000円が区民葬儀料金の53,100円になっています

質問7 地方から大勢親族がきます。式場には宿泊できますか?
答え7 宿泊できる葬儀式場とも提携していますが、時代的に宿泊される家族の方が減少傾向にあるので2~5名等人数に制限があるのが現状です。東京都23区内火葬場内の式場でお風呂やシャワールームがあるのは「臨海斎場」と「戸田葬祭場」のみです。宿泊できる式場の95%がお風呂やシャワールーム等が無く仮眠宿泊となります。よって経済的にゆとりがある場合は式場近くのホテルのご予約を推奨致します。

質問8 菩提寺はないのですが「仏教」でお葬式を考えています。僧侶の方を紹介してくれますか?
答え8 はいできます。在来仏教各宗派の僧侶の方をご紹介しております。またしっかりとした寺院を運営・管理している方を紹介していますのでご安心して下さい。僧侶の資格だけをもつ方は一切紹介しておりません。葬儀後の事を考え人柄も問題ないなるべくご自宅に近い寺院をお取次ぎいたします。

質問9 仏教でのお葬式を考えていますが、本家ではないため宗派がわかりません。どうしたらよいでしょうか?
答え9 仏壇がある場合は仏壇に安置されている本尊(掛け軸・仏像)の有無をお調べ下さい。有る場合はインターネット検索「本尊 宗派」で調べればわかります。仏壇が無いもしくは本尊が無い場合は本家のご親戚様にお聞きになられて下さい。それでもわからない場合は当社へご連絡下さればアドバイス致しますのでご検討下さい。
なお浄土真宗は法名の一部に「釋」が必ず入ります。

質問10 自宅介護のため「介護ベッド」をレンタルしています。万が一の際にはレンタルの介護ベッドに安置できますか?
答え10 はいできます。返却のタイミングも葬儀が終了してからで問題ありません。介護ベッドのお部屋とは別室安置の場合・スペースのゆとりがある場合は「布団安置」が可能です。

質問11 自宅介護をしています。万が一の際は警察扱いになり複雑になりますか?
答え11 かかりつけの医師の方が死亡確認をして下さり、死亡診断書の発行をして頂けるのであれば警察扱いにはなりません。よって訪問医療を受けている場合でも担当医師に「逝去の際には死亡診断書の発行をして下さいますか?」と事前に確認をされて下さい。いつ何時になるかわかりませんので、長期休み・年末年始の際の緊急連絡先もお聞きください。

質問12 火葬のみ(直葬)や家族葬のあとの「お別れ会」や「偲ぶ会」」の経費は相続税控除対象になりますか?
答え12 厳密に申しますと難しいと思われます。但し、お別れ会費用の領収証の但し書きが葬儀等になっている場合は税務署との話し合いになりますが補償はできません。

上記以外のあらゆる質問に即答致しますので、お電話下さい

直葬・家族葬・葬儀・法要等のご質問について

 365日 24時間受付体制です。些細なことでもお電話下さい

フリーダイヤル0120-286-029  電話03-3334-2860
当社へのアクセス情報

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ


▲上に戻る